計画を立てる

まずは構想を練って事業計画書を準備しよう

カフェを開業したいと思ったら、まずは開業したいカフェの構想を練るところから始めることが大切です。 どのようなコンセプトの元に、どのようなメニューを展開するのか、どんな層をターゲットにするのか、原価率や売り上げ見込みなど、様々な構想を十分に練っておくことによって、その後の開業準備がスムーズになります。そしてその構想を元に、事業計画書を準備して銀行などから借り入れをしたり、本格的な開業準備を始めるのです。 事業計画書の作り方などは、ネットでもチェック出来ますが、税理士などに相談すると確実です。また、カフェ開業の支援業者などのサポートを依頼するという方法もあります。多少予算に余裕があるという人はそういった業者の利用を検討してみてもいいでしょう。

最低でも数百万円は必要

カフェを開業したいと考える際には、最低でも開業資金として300万円程度は必要となるでしょう。 銀行や信用金庫からの融資を受ける際にも、自己資金が0ではどこも貸してはくれません。ある程度の自己資金があってこそ融資を受けることが出来るため、300万円程度は預貯金を用意しておくことが重要なのです。 また、銀行などからの借り入れをしないで開業する際には、1000万円程度は用意しておいた方が安心です。ある程度の運転資金を用意しておかなければ、すぐに飲食店はだめになってしまいます。カフェの規模にもよりますが、カツカツの資金で始めるのは危険です。開業の準備資金と、3ヶ月〜半年分程度の運転資金を用意しておくと安心でしょう。