地域による違い

歴史の話

ラーメン屋の開業についての歴史や変遷について、ご存知の通り、中国からラーメンは伝わったとの説があり、江戸時代の「しるそば」が日本では最初でないかと言われております。以降歴史は明治時代の中期頃からラーメンが食べられ始めたのではないかとあります。1950年代になると様々なジャンルの商品が開発及びお店が開業していきます。味噌味であったりインスタントで有名なチキンラーメンであったり、日本人のソウルフードと呼ばれるほどに人気がでてきました。また、地域によって様々で、北海道(札幌)では味噌味、九州ではとんこつ味、福島で平太麺であったり、横浜では家系であったりなどして地域での特色があり、バリエーションが豊富であります。

開業についてですが、現在は修行によるものやのれん分け制度、フランチャイズ加盟での開業など、様々なスタイルがあります。修行での場合は、何年も味を学び勉強していきます。そこで認められた方がお店を持つという典型的なスタイルも現在では、いまだに根強く残っています。今後の動向については、簡単なパッケージを作成し、簡略化されたオペレーションで行えるフランチャイズのようなスタイルが活躍するのではないかと考えられます。修行はしたくないが、お店を開業したいという方は沢山いると考えます。いわゆる効率重視の考え方ですが、だれでも美味しいラーメンをつくれるオペレーションを開発し、そのうえで宣伝などを行うと企業としても味を一定化することができ、品質を維持することができることから、そのようなスタイルが今後ははやりそうです。